« マイナス26℃ | Main | ラブラブ まりもっこり (まりもっこりコレクション) »

2008.01.18

びえい牛乳と藤倉英幸さん

牛乳パック、ちゃんと、リサイクルしてます?

二年ほど前になるのかなぁ…
Image027
時々利用する、スーパーの牛乳コーナーで
この「
びえい牛乳」に出会ったときには、思わず叫びました。

「えぇ~! なんで、こんなところに!
  遠いところからわざわざ、横浜まで来てくれたん?」

もちろん、心の叫びですが、けっこう感激でした。


JAびえい、美瑛町民の期待を、その四角い小さな肩に背負い、
見知らぬ都会のスーパーで、大勢の銘柄が集結している中、
身を小さくして、必死に立っている姿。
誰か買ってくれる人はいるのだろうかと、不安でオロオロしている様子に、
思わず全部買い占めたくなったのを、覚えています(^^ゞなはは

しかしまぁ、交通費(笑) かかってますからねぇ…
普通の牛乳より、お高いです。
それに、我が家の牛乳は、
瓶入りの「ごっくん牛乳」と決まっているし…
それでも、美瑛からわざわざ来てくれたのに
素通りっちゅー、わけには、美瑛好きとして、
いえ、人として、どーなのよ(^_^;)

こうして、時々、うちに来るようになった、びえい牛乳ですが 060617150802
ただ… 近くで手に入るようになってから
美瑛に行って、飲むことがなくなってしまった。

写真は、2006年の6月、
道の駅「
びえい・丘のくら」の売店で
一杯、100円です。

あれ? パッケージのロゴが微妙に違う?




070806_0857 で、このびえい牛乳のパッケージのイラストは、
 
藤倉英幸さんの作品なんですが
 どこかで見たことあるなぁ… と思って記憶をたどってみると
 昨年の8月に帯広に行ったときに泊まったホテルに
 飾ってあった北海道の風景画。
 気に入ったので、絵はがきを購入したんですが
 その作者さんだったんですよ。

 

 その後、この絵が「はり絵」だということを知り、
 「はり絵で描く風景たち」という、本まで買ったというのに
 「びえい牛乳」のパッケージと結びつかなかったワタシって…(^_^;)

ところで、美瑛の風景写真はプロ・アマ問わず、多くの人が撮っているのに
丘を描く人って、少なくないですか? ワタシが知らないだけ?

最近、美術館も出来たけど、まだ行ってない。
自分の丘のイメージと違うかもなぁ…という、先入観があったりするし。

でも、藤倉さんのはり絵は、びえい牛乳のパッケージの他、
北海道各地の風景を描いたものは、けっこう好きです。

もっと、いろんな美瑛の風景、描いて欲しいなぁ~

|

« マイナス26℃ | Main | ラブラブ まりもっこり (まりもっこりコレクション) »

美瑛 富良野」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マイナス26℃ | Main | ラブラブ まりもっこり (まりもっこりコレクション) »